讃岐うどんツアー 番外編 おそるべきさぬきうどん制覇リスト たまにはいいでしょ!ラーメン リンク集

決行日:2001/09/08
参加者:花鳥、健ちゃん、みっちゃん、ウエノ、アカリちゃん、ヤマダくん、チナっちゃん
■今回のツアーまで・・・
今回も大学時代仲良し4人組と、健ちゃんの若い友人たちで行きましょうということになった。
今回初めて同行する女性メンバーがいる。アカリちゃんとチナっちゃんである。
アカリちゃんは仕事の関係で東京に行っており、遅めの夏休みで帰省のところを合流ということになった。
チナっちゃんは何回か讃岐に行ったことがあるヤマダくんの仲良しということで合流ということとなった。
ヤマダくんとアカリちゃんは年齢こそ違えど、同じ大学出身で、健ちゃんが以前勤めていた大学がソコだったのです。だから、ヤマダくんとアカリちゃん、健ちゃんは知り合いなのです。
さてさて、明日は待ちに待った讃岐うどんツアーということで、前夜、健ちゃん宅に連絡を取ってみると、なんと風邪でダウンしているんだとのこと。
「えっ!?」
健ちゃんがいないと、健ちゃんの若い友人たちと面識がない我々はどうしたら良いの?ってことで、花鳥がカゼ薬と健康ドリンク、熱さまシートを差し入れして、当日何とか少し回復した健ちゃんを拉致して連れて行ったのである。
■ツアー当日

6:40

花鳥宅に迎えに来てくれたウエノとみっちゃんと合流して健ちゃんを迎えに行く。
前日、風邪を引いているとのことだったので、心配しながら行くが、なんとか起きてきて合流できた。
こちらのクルマは、あと 川西能勢口駅に出てくるアカリちゃんと合流するだけ。

7:20

30分程度で川西能勢口駅に着き、携帯で連絡を取りながら、アカリちゃんとも合流。
あとは神戸・京橋パーキングエリアで待ち合わせているヤマダくんとチナっちゃんと合流して香川へと向かうのだ。
風邪気味の健ちゃんはいつもオヤジギャグに冴えがなく、少しおとなしいのが心配であるが、クルマは神戸へと向かう。

7:45

京橋パーキングエリアへの途中、携帯で連絡を取ってみると、ヤマダくんは既に到着しているということ。これは急がねば!
8:10 程なくして、京橋パーキングエリアに到着!ヤマダくんのクルマと合流。これで、ようやく全メンバーがそろいました。ヤマダくんとアカリちゃんが「久しぶり〜!」なんてやっています。
さて、今日は何軒廻れるか?
今日は女の子も居るということで、
予定では、田村・あたりや・小縣家・宮武の4軒。

しばらく、パーキングエリアでトイレ休憩などをしながら、ご歓談。
健ちゃんは依然として風邪気味。
8:20 ではでは、田村にお昼前に着きたいということで、早く行かないといけません。出発!
花鳥とみっちゃんはヤマダ号の方に乗り、初めて参加のチナっちゃんと話しながら、香川へ向かう。
瀬戸大橋も空いていて、ガンガン進む。
振り返ってみて、Mapfanの『るーとMap』で計ると229.6km!こんなに速く着いて良いんだろうか?
【訪問回数】8回目
【住所】香川県綾歌郡綾南町陶1090−3
【営業時間】9:30−13:00くらい(でも麺や出汁がなくなると閉店なので注意) 
【定休日】日曜日
【駐車場】じゃっかんあり
【定番メニュー】小(1玉)100円,大(2玉)200円,天ぷら40〜50円,あげ40円
11:23 本日1軒目の田村 到着!
ラッキー!そんなに行列できていない。
早速、メンバーを並ばせる。
11:26
お店に入ると、中にはけっこう行列ができている。
ちょうど麺が切れたみたいで、茹で始めたところ。
これはラッキー!
茹で立てを食べられる。
健ちゃんが、初めてのアカリちゃんやチナっちゃんに注文の仕方やセルフの仕組みなどを説明してくれている。
じゃっかん、前が進んだところで、笑顔が素敵な「田村のおっちゃん」の横に来たので、
11:32
思い切って、「写真撮らせてもらって良いですか?」と田村のおっちゃんに声を掛け、麺を伸ばしているところを撮らせてもらいました。
実は花鳥、この頃になると既に、田村のおっちゃんの事が憧れの存在なので、声を掛けるのも緊張していたのでした(笑)。
11:37 入店して、約15分、ようやく2ヵ月半ぶりの田村のかけうどんです。

かけうどん小100円也!

田村のメニュー!

↑画像クリックでアップ↑

てんぷら安すぎ!

写真を撮って、「いただきます!」
「美味い!」「相変わらずのうまさや!」と一人で納得しながら、気が付いたら1分もかからぬうちに、うどんはダシごと無くなっていた。
11:39

ドンブリを返しに行って、ついでに今回は壁に貼られている 無造作にマジックペンで紙に書かれたメニューを写真に収めた。

しかし、安いなぁ〜。てんぷら40円は安すぎやわ。
同行のみっちゃんやウエノは「いつ来ても、ここのうどんは美味いなぁ〜。」と言っている。

「もう食べたんですか?」とアカリちゃんが笑いながら言う。

「あっ!ゆっくり食べや〜!時間は余裕あるから。」
11:45 少し遅れてアカリちゃんやチナっちゃんが出てきた。
「いやぁ、美味しかったー!」と、アカリちゃんがそう言いながら出てきた。
みんなで感想を言い合いながら、「じゃぁ、つぎ行きましょうか!」
田村を出発!高松市内のあたりやへ向かう。
あたりやは花鳥も初めてのお店。
もちろん、有名なS級指定店の1店。
12:05 目指すパーラードリーム(パチンコ店)に到着!
あれっ?「あたりや」に行くんじゃなかったの?と思われたアナタ。
その疑問、ごもっともです。
なぜなら・・・
パーラードリームの駐車場に入って・・・ 駐車場の下に下りると・・・そうです。パチンコ店の敷地内に、「あたりや」はあるのです。
【訪問回数】1回目
【住所】香川県高松市上天神町507−1
【営業時間】10:20〜15:00 (麺切れで終了)
【定休日】金曜日
【駐車場】100台

【定番メニュー】ひやあつ小250円,大350円,あつあつ小250円,ひやひや小250円,天ぷら類100円〜

12:12

行列に並びました。けっこうな行列ができています。

12:18

行列も進み、かなり入り口に近づきました。
12:30 ようやく入店できました。
お昼時とあって、店内はけっこう賑わっています。
ここのシステムは、お姉さんが注文を聞き、受け取り、天ぷらなどを取って席で食べる。食べ終わったら、勘定場で自己申告して勘定を済ますということになっている。
12:40 店内に入るとみんなが座れるテーブルをさがし、場所を取って、みんなが各々に注文していくと順番待ち。
ほどなく、10分ほど待つと、花鳥たちの順番が来ました。花鳥はひやあつ小(1玉)。
美味しそうな天ぷらがズラ〜っと並んでいます。 これがあたりやの「ひやあつ小(1玉)」250円也!!

↑画像クリックでアップ↑

12:42 麺をもらい、みんなが席に着き、しょうがを摩り下ろして「さぁ、いただきまぁ〜す。」
食べ出すと、同行の6人も、しばし無言。
誰かが言う。「すごいコシやなぁ〜。」
麺は適度にねじれ、コシもさることながら、剛麺と言った方が良いのか?
この「あたりや」は、このあとに訪問する「宮武」を筆頭に「やまうち」(仲南町)、「松岡」(綾南町)といった名店が続く、「宮武ファミリー」の一店。
花鳥は思った「宮武ファミリーだけど、ここが一番強くて、重い麺だろうなぁ。ダシもいりこが効いていて、うん、美味い!!
13:00 みんながみんな、「すごいコシ!!」「美味しいー!」と言い合いながら食べ終わり、お店の外もすごい行列なのでゆっくりはしていられない。
お勘定を済ませて、外に出る。
さぁ、次は満濃町の「小縣家」です。レッツゴー!!(だから古いって(笑))

| HOME |

| TOP |

| BACK | | NEXT |
トップページへ ツアーのトップへ 第8回後編へ 後編へ